naturot

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< ハイキング(丹沢・大山) | main | ゴールデンスプーン >>

おそろし

宮部みゆきさんの新刊を発見♪さっそく読みました。

時代小説らしい表紙。
おそろし→恐ろしい→お初ものがたりみたいなのかな?
ワクワクします。今回も一気読みの予感。

===
江戸商人の子供がいない叔父夫婦のもとで暮らし始めた「おちか」。
おちかの行動範囲は家の中だけ。一歩も外出しない。
何かの原因があり心を閉ざして過ごしている様子。
毎日、自ら望んで女中のように過ごしていた。

ある日、急遽叔父夫婦は客先(上お得意様)へ伺うことになった。
碁の相手が来る予定があり、粗相なきよう接客をおちかに頼む叔父。

元々おちかの実家は旅籠であり、客人も商売人のため状況を察して事なきを得た。庭に咲く彼岸花を見て、とても驚く客人。理由をおちかに語りだす。
いわゆる百物語。

帰宅した叔父は番頭や女中、おちかから話を聞いた。
叔父は早速「百物語聞きます」と話を広め始め、おちかは月に1度訪ねて来る人の話を聞かなくてはならなくなった。
===

ひきこもりの姪を商売の種にする叔父の動きに苦笑したけれど、外部の人との関わりを断つ姪を思っての事だったのかも知れない。リハビリみたいな。

「おちか」が暗い原因は何なのか?
どんな百物語がでてくるのか?
断片的な話がどこで繋がる話なのか?

はまって1日で読み終わりました。
「人は苦しみ悩む事が多いけれど、結局時間や人でしか解放されない」んだよね。登場人物の1人だけサラ〜ッと触れられているので、続編が出るかも。

おそろし  三島屋変調百物語事始
おそろし 三島屋変調百物語事始
宮部 みゆき
雑記 | comments(1) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

はじめまして。
こちらの記事にトラックバックさせていただきました。
効果のあるリハビリでしたね。

トラックバックなどいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
藍色 | 2008/08/17 3:33 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naturot.jugem.cc/trackback/488
この記事に対するトラックバック
おそろし 三島屋変調百物語事始(2008/07/30)宮部 みゆき商品詳細を見る イラストは小泉英里砂。装丁は鈴木久美。初出「家の光」に加筆修正。 十...